倫理的側面のメリット

知っておきたいNIPT

倫理的側面のメリット

倫理的側面のメリット NIPTの検査を受けることで、赤ちゃんの健康的な状態を事前に知っておくことができます。
結果次第で堕胎を選ぶ人もいるので、問題視されたり何かと注目されがちな検査ですが、NIPTで赤ちゃんに障がいがあることが分かった上で出産できるという点をメリットとして評価している人は多いです。

産んだ後でわかるよりも、事前に知っておけば色々な準備をすることができます。
倫理的側面では何かと問題されがちなこの検査ですが、産後に知るよりも産前にわかるメリットは計り知れません。
より高度な医療が受けられる病院を選んで出産することは重要ですし、そういう準備が出来る点もNIPTの大きな利点と言えるでしょう。

NIPTは問題が検出されないケースも多いですし、そのことで安心して出産をすることができる点が支持されています。
安心して産みたい、と考えている高齢出産のカップルからは特に希望する人が多く倫理的な問題を踏まえた上で利用する人が多いです。

知っておくべきNIPTの倫理的なデメリットとは

知っておくべきNIPTの倫理的なデメリットとは 多くのメリットがあるNIPTではありますが、検査をするにあたっては当然デメリットも存在します。
そもそもNIPTは、生まれてくる子供に染色値異常があるかどうかを確かめるのに有用な検査です。
そのため、その検査を通して生まれてくる赤ちゃんに染色体異常があることが分かった場合、妊娠中絶を選択する親が出てくる可能性がある点が倫理的に問題視されています。
実際に障がい者団体の中にはその検査に対して懸念を明確に表明しているところもすでにあります。
そのような状況を受け、日本ではその検査で知ることができる染色体異常を3ダウン症をはじめとする3つの病気に限定しています。
また、その結果が安易な命の選別につながることがないよう検査を受けることができるのもすべてのカップルとはしていません。
合わせてその検査を通して染色体異常が分かったときには専門家によるカウンセリングなど、専門的なフォローが受けられる環境を整えていくことも重要と言えます。

新着情報

◎2022/3/3

情報を更新しました。
>注目度の高いNIPTは非確定検査の一つなのか
>NIPT検査でわかるダウン症候群とはどのような症状か
>NIPTを受診する場合医療保険は適用されるの?
>30代前半でもNIPTを受けることができるか
>NIPTには受けられる年齢制限があるのか

◎2020/11/27

結果が出るまでの期間と注意点
の情報を更新しました。

◎2020/8/20

倫理的側面のメリット
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「倫理 メリット」
に関連するツイート
Twitter

不倫した人間なんて死刑でも良いし、倫理上投票したって同意を取らざる得ないでしょ。特に子供がいた場合。メリットしかないからやれば良いのに何でやらんの?

『道徳の系譜』で、ニーチェがキリスト教の禁欲主義に我々を「約束することのできる被造物」にするメリットを与えるとき、彼は間違えている。それはむしろ、紀元前四世紀から紀元後四世紀までの異教の道徳の進展に関して私たちが知っていることなのだ。-倫理の系譜学について―進行中の仕事の概要-

倫理を守ることで集団が守ってくれるならいいけど、倫理を守っても飯は食えないから倫理を守らない個人が増えてく それで倫理を守る側の安全が脅かされるなら、倫理を守るメリットがどんどんなくなっていくからすごい勢いで治安が悪化していきそう 政策で貧困層産み出しまくったツケが出始めてる

生成AIはもうデータセットから倫理的にヤバいし、ある一定以上のレベルの人は使っても特にメリット無さそうだし今のところ心理的に嫌われる要素しかないのが分断深めてそう

病院の倫理委員会の委員を代わりにやって欲しいとボスから依頼された。月2回の委員会出席と少し予習が必要。事務作業が増えることはない。何も金銭的メリットはないが、院内で仕事してる感は醸し出せるし、名誉なことなので謹んでお引き受けする。ただし就任に際し、不倫していることは開示できない。